見出し画像

ブランドプラットフォームって何?ブランドの成功にどうつながるの?

ZeBrand Japan

数人の従業員や契約社員で小規模なビジネスを運営している場合、マーケティングやメッセージング、ブランディングを合理的かつ一貫したものとして管理することは、不可能ではないでしょう。しかし、ビジネスが軌道に乗り、チームが成長し、マーケティング戦略が拡大するフェーズになると、ブランドアイデンティティや一貫性を維持することは、強力なブランドプラットフォームがなければほぼ不可能になります。


ブランドプラットフォームとは、あなたのブランドを構成するすべての要素を、アクセスしやすい1つの場所に集めたものであり、成長するブランドには欠かせないものです。

ブランドプラットフォームは、ブランドのすべての要素、たとえば、

  • ブランドイメージ

  • ポジショニングステートメント

  • ターゲットオーディエンス調査

  • ブランドヒストリー

  • ビジュアルアイデンティティ

  • ブランドバリュー

などを、誰もがアクセスしやすい一つの場所にまとめたものです。このプラットフォームは、あなたの会社の全員が読み、理解すべきものです。なぜなら、これはあなたのビジネスの土台であり、根幹にあたるものだからです。

ブランドプラットフォームは、ブランドガイドラインやその他の重要な企業情報に基づいて、自社で作成することができます。あるいは、ブランディングサービスを利用して、ブランドプラットフォームを確立することもできます。

ブランドプラットフォームとブランドガイドライン

まだ、ブランドプラットフォームが、すでに作成したブランドガイドラインと変わらないように思えるかもしれません。しかし、この2つのドキュメントには、重要な違いがあります。

ブランドガイドライン
ビジュアルアイデンティティやバリュー、ブランドの声のトーンなど、ブランドのストーリーをどのように伝えるかを定義します。このドキュメントには、ブランドをどのように表現してはいけないかという禁止例も含まれています。社内のブランディングチームが活用するとよいでしょう。

ブランドプラットフォーム
ブランドのストーリーと戦略を、社員一人ひとりが理解し、体現できるようにシンプルに表現したものです。「何を」や「なぜ」に焦点を当て、会社のビジョンを達成するためにチームを鼓舞します。

この違いがわかるでしょうか。マーケティング部門や営業チーム、製品開発部門や現場の従業員など、会社のすべてのメンバーに価値を提供するのが、明確に定義されたブランドプラットフォームなのです。


詳細なブランドプラットフォームは、ビジネスの成功に必要な基盤となる

強力なブランドプラットフォームによって、チーム全員が同じ考え方を持ち、連携することで、ビジネスは飛躍的に前進します。ブランドプラットフォームは、ブランドのコアバリューを常に中心に置き、意思決定を合理化し、ブランド全体を調整するためのツールです。

ブランドプラットフォームを構築する準備はできましたか?4つの重要な要素を忘れないでください。

ブランドプラットフォームは、あなたのビジネスと同じようにユニークなものです。しかし、ほとんどのドキュメントには、最低限、以下の4つの重要な要素が含まれています。ここでは、これらの要素をどのようにブランドプラットフォームに含めるかを説明します。

  1. ブランドのミッションとビジョン
    これらは、何があってもブランドがコミットする揺るぎない価値観です。そして、これらはチームメンバー全員の頭の中にあるべきものです。

  2. ブランドパーソナリティ
    このセクションは、ブランドの声のトーンや顧客との関わり方を定義します。顧客が共感し、つながりを持てる実在の人物のようにあなたのブランドを感じさせるのに役立ちます。

  3. ブランドポジショニング
    この重要なセクションでは、市場でのポジショニングとターゲットオーディエンスの両方を定義する必要があります。ブランドの位置づけとターゲット層を理解することで、その目標をより効果的にサポートすることができます。

  4. キーペルソナ
    最後に、このセクションでは、あなたのブランドが到達したい理想の顧客像について説明します。顧客は何を大切にしているのか?何を望んでおり、何がモチベーションとなるのか?どのように行動するのか?このセクションですべてを定義することで、あなたのチームはより多くの優良顧客にリーチできるようになります。


いきいきとしたブランドになるために、今こそブランドプラットフォームを活用する時です。

ブランドプラットフォームを作成したら、次は何をするとよいでしょうか?

ブランドプラットフォームを活用して、際立ったブランドを構築しましょう。

潜在顧客があなたのブランドを認識するまでに、5〜7回のインプレッションが必要であることをご存知ですか?つまり、あなたのブランドは、複数のプラットフォームで、何度も、同じビジュアルアイデンティティで表示されなければならないのです。

ブランドプラットフォームは、あなたのビジネスが何であるかをチームに伝えるだけでなく、マーケティング全体を通してブランドのポジショニングやブランドの声のトーン、メッセージの一貫性を維持するのに役立ちます。そして、この一貫性こそが、顧客とより強い関係を築くことにつながるのです。


ブランドプラットフォームを成功に導く3つの方法

ブランドプラットフォームは、企業ごとに異なります。しかし、これを効果的に使用することで得られる最大のメリットは同じです。
チームの連携や顧客の中でのブランドポジションの向上、競争環境での優位性、そしてブランドアイデンティティの明確化です。

ブランドプラットフォームでこれらすべてのメリットを得るために、まずは、以下の3つのステップから始めてください。

  1. ブランドプラットフォームを使って、ビジネスの意思決定を評価する
    予算やタイミング、利便性、直感だけでビジネス上の意思決定をするのではなく、ブランドプラットフォームを議論に取り入れましょう。ブランドのミッションやビジョン、バリューを、自分自身と主要なステークホルダーに再認識させる必要があります。ターゲットとする顧客とそのニーズを再確認し、ブランドのメッセージを見直しましょう。そうすれば、ブランドの価値を優先した重要な意思決定を行う準備ができます。

  2. ブランドプラットフォームに沿った新しい取り組みを計画する
    地域貢献の機会を探している場合も、新しいキャンペーンを計画している場合も、ブランドプラットフォームを使って、イニシアチブを導きます。明確なビジョンとブランドプロミスを念頭に置けば、会社にとって最も重要でより必要性の高い取り組みが見つかるはずです。

  3. パートナーシップを構築する際に、ブランドプラットフォームを提示する
    新しいパートナーを迎える前に、そのパートナーがあなたのブランドのコアバリューに同意していることを確認します。そうすることで、あなたのブランドに対して否定的な人々を遠ざけることができ、ターゲットを逃すことを減らせます。


ブランドプラットフォームをチームに浸透させる方法

ブランドプラットフォームを読み、理解し、実践することをチームに浸透させることは、難しいことです。たとえ従業員が同じ考えを持っていたとしても、ビジョンを理解し、日々の活動でそれを表現し始めるには時間がかかるかもしれません。

以下のヒントを参考にして、ブランドプラットフォームのチームへの浸透を図り、導入を加速させましょう。

  • 特別なイベントでブランドプラットフォームを従業員に紹介する

  • eラーニングを利用して、チームとビジョンを共有する

  • 社内イベントのたびに、ブランドプラットフォームを見直す

  • 新入社員の入社式やオンボーディング研修にブランドプラットフォームを導入する

  • 会社の主要な議論や意思決定には、必ずブランドプラットフォームを振り返る

  • ブランドプラットフォームの要素を社外コミュニケーションに取り入れる

ブランドプラットフォームは、一夜にして採用されるものではないかもしれませんが、頻繁に思い出し、簡単にアクセスできるようにすることで、あなたのビジネスを効果的に再構築することができるようになります。


ZeBrand のブランドプラットフォームがビジネスを成功に導く方法

独自のブランドプラットフォームを作成するのは大変なことです。そのため、ZeBrandの包括的なブランドガイドラインビルダーでは、起業家やビジネスオーナーが誰でもブランドガイドラインを作成できるよう、プロセスをシンプルなステップに分解しています。

もし、あなたのビジネスがすでに確立されている場合でも、このブランドガイドラインビルダーは、あなたのブランディングを見直すために非常に役立つツールとなります。ガイドのテンプレートに、あなたの現在の会社情報を入力してください。ステップを踏んでいくうちに、あなたのブランドの強みと可能性が見えてくるはずです。


ブランドガイドラインから始めれば、ブランドプラットフォームの構築は簡単です!

ブランドプラットフォームは、あなたのブランドをユニークにする数十の要素の組み合わせであるため、まずブランドガイドラインを作成し、そのガイドラインを使用してプラットフォームを開発するのが最善です。

ブランドガイドラインは、以下を含む包括的なドキュメントであることを覚えておいてください。

  • ブランド戦略
    ミッションやビジョン、バリュー、ターゲット市場、ブランドストーリーなど

  • ビジュアルアイデンティティ
    ロゴ、タイポグラフィー、カラーパレット、フォトグラフィーなど

  • メッセージング
    トーンオブボイス、ブランドパーソナリティ、ポジショニング、キャッチフレーズなど

これらの重要な情報を最初に入力することで、強固なブランドプラットフォームを構築するために必要なコンテンツがすべて揃うのです。ブランドガイドラインビルダーをお試しください。


ZeBrandは起業家、ビジネスオーナー、スタートアップ企業のためのブランディングをシンプルに提供します。

使いやすいブランド構築ツールと経験豊富なコーチ陣で、複雑なブランディングの目標をシンプルなステップに落とし込み、ガイドします。ZeBrandを使えば、誰でも成功するブランドを構築することができます。デザインやブランディング、マーケティングの経験は必要ありません。

※ 本記事は英語記事「What is a Brand Platform, and How Can it Help Your Brand Succeed?」を翻訳したものになります。

ブランドコーチに相談をしたい、またはスマートな方法でブランドのDNAを構築したいとお考えですか?ZeBrand があなたのブランド構築をゼロからお手伝いいたします。ご興味がある方は、以下よりお問い合わせください。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!