見出し画像

スタートアップが急成長するための22個のヒント

ZeBrand Japan

2022年はスタートアップの世界的に成長する年になると推測しています。この数年間で、新規事業の立ち上げは記録的な数に達しています。2021年の夏だけでも、米国では44万件以上のビジネスを立ち上げた人がいます。

そこで、よりスタートアップの成長を超加速させるため、そして成長の可能性を最大化するためにスタートアップが使用すべき22のヒント、Tips、リソース、および戦略をまとめました。

これらのTipsは、3つのカテゴリーに分類されます。マインドセット、マーケティング、顧客体験の3つのカテゴリーです。

マインドを最大化する

1. チームの集中力を過小評価しない

集中力は、ビジネスの成長と個人の生活の中心にあるものです。生産性のためだけではありません。集中力は、チームに明瞭さと目的をもたらし、彼らの活動をより充実したものにします。それは、幸せなチームづくりと従業員の定着率向上のためのキーエッセンスです。

2. 起業家であっても、デスクに座ってばかりではいけない

私たちはワーカホリックの文化に生きています。激務、多忙さ、生産性の高さを誇示することに執着する世の中で、多くの人が仕事中毒になってしまっています。仕事に没頭しすぎて、小さなことに気がつかなくならないようにしましょう。大切な人との時間や愛犬とのささやかな時間、眠気覚ましのためではなく、純粋に甘い香りを楽しみながら飲むコーヒーなど...。急成長を追い求めるあまり、こういったことを見落としてはいませんか?

3. 目標が価値あるものであり、結果に結びついたものであることを確認

目標は、価値あるものでなければなりませんし、結果に基づくものでなければなりません。もし目標が追跡可能な指標と結びついていなければ、達成したことをどうやって知ることができるでしょうか?収益や会社の成長に結びついた、測定可能な目標を設定しましょう。

4. 目標がチームの活動内容と一致していることを確認

会社の目標は、あなたのチームが実際に取り組んでいることを反映したものでなければなりません。そうでなければ、目標達成に近づくことはできません。もし目標とチームが一致していないなら、あなたは間違った目標を追いかけているか、チームの方向転換が必要です。

5. 専任のプロジェクトマネージャーを雇う

無秩序なチームほど、偉大なプロジェクトを素早く崩壊させるものはありません。ちょっとした抜け漏れや連絡漏れで、せっかくのアイディアも頓挫してしまいます。プロジェクトマネージャーを雇えば、チーム全員が自分の得意なことに集中できます。小規模な企業では、プロジェクトマネージャーをパートタイムで雇用することも可能です。毎週数時間でも、プロジェクトマネージャーがいることで、大きな違いが生まれます。

6. できることはすべて自動化

急成長をしている企業は、本当に重要なことに時間を集中する必要があります。自動メール送信、チームへの通知、ワークフロー、レポート作成など、自動化を行えば、より多くのことを短時間で行えるようになります。また、ヒューマンエラーのリスクも軽減されます。自動化にはセットアップと慣れが必要ですが、一度設定すれば、時間の節約はすぐに実現できます。

マーケティング

7. 勝てるコンテンツ戦略には、多くの良質なコンテンツをコンスタントに提供することが必要

今のデジタル時代において、これまで以上に多くの投稿をする必要があります。質の高いコンテンツを一貫して頻繁に作成することで、大量の売上を獲得することができます。ベンチマーキングできるアカウントを見つけたら、そのアカウントの投稿を何度も何度も再現しましょう。他のプラットフォームで共有し、新しいユーザーをタグ付けし、新しいオーディエンスに発信し、それを繰り返すのです。

8. モジュール型コンテンツは効果的かつ効率的

モジュール型コンテンツとは、音や画面上のテキスト、絵文字、その他のビジュアルを含むいくつかの短いクリップで構成されたソーシャルメディアビデオのことを指します。クリップを並べ替えたり、テキストを変えたり、音楽を入れ替えたりと、効果的な組み合わせになるまで何十回も繰り返すことができるので、費用対効果の高いソーシャルメディア・マーケティング戦略です。従来の動画が、ヒットするかしないかのどちらかであるのに対し、モジュール型コンテンツは、無限の組み合わせの可能性を持っています。

9. マーケティングの成功事例と失敗事例を分析

マーケティング在庫のうち、業績が類似しているものを図表にしましょう。重なっている部分はありますか?特定のキーワード、CTA、または写真のスタイルが、パフォーマンスの高いコンテンツに共通していませんか?簡単なことのように思えますが、多くのブランドは、時々立ち止まって評価する時間をとることを忘れています。

顧客体験を最大化させる

10. 素晴らしい顧客体験が革新的な企業になるための鍵

購入プロセスが複雑で分かりにくければ、人々はあなたの製品やサービスを購入しないでしょう。世界最高の製品を持っていても、よりスムーズな購入プロセスを持つ競合他社に移ってしまうのです。顧客体験を高い視座から眺め、道中のあらゆる障害を探し出し、それを丹念に取り除くことが必要なのです。

11. 可能な限りフォームを減らす

昔の購買体験は、問い合わせフォームやリクエストフォーム、ダウンロードフォームなど、フォームだらけでした。しかし、フォームは多くのストレスを引き起こします。フォーム入力が必要な場合、ユーザーが離脱する可能性が高くなります。入力項目を減らすかフォーム自体を使いやすいものにするといった対策をしましょう。静的なフォームを、自動的に素早くスクロールして質問に答えてくれるTypeformのような、よりパーソナライズされた使いやすいフォームに置き換えることで、ユーザーとのやりとりがスムーズになり、ユーザーのストレスを減らすことができます。

12. 部門間のサイロを無くす

人々は、マーケティング部門と営業部門の間のすき間にはまり込んでしまいます。何かひとつの新しいマーケティング戦略を打ち出す前に、広告やSNSの投稿、ポップアップ、フォーム、Eメール、営業チームとの間にギャップがないことを確認してください。見込み客がフォームに入力したり、ミーティングを申し込んだりしてから、営業チームが連絡を取るまでにタイムラグがあるとしたら、それは問題です。

13. バイヤーペルソナを見直す

ハブスポットの「Make My Persona」のようなバイヤーペルソナチャートを利用して、理想の顧客の特徴や課題、苦労している点などを詳しくまとめることができます。オンライン調査、既存の分析データ、フォーカスグループを使用して、顧客をさらに絞り込み、定義しましょう。チャットボットやYelpのレビュー、顧客からのEメールを調べて、インサイトを引き出すこともできます。

14. 購買者の動きを壁やホワイトボードに書き出す

購買までの一連の流れを壁一面に描くことで、ストレスが生じる瞬間やパーソナライズが必要な瞬間を明確にすることができます。不要なステップやタイムラグをなくすことができるのはどこでしょうか?例えば、ランディングページをTypeformに置き換えたり、チャットボットを追加してメールの返信時間を短縮したりすることができます。

15. できることはすべてパーソナライズする

世の中があまりにも専門的で一般的になっているため、ほんの少しパーソナライズすることで、差別化することができるのです。例えば、ユーザーがいる場所の時間や天気を表示し、日焼け止めを塗るようにという親切なメッセージをウェブサイトに追加してみるということを検討してみてください。また、今日は祝日です、と知らせるメッセージは、Webページの直帰率を下げ、ユーザー体験を向上させるのに効果的です。

16. モバイルファーストを計画する

サイトをより使いやすくし、顧客体験を向上させる方法のひとつに、ダウンロード可能なPDFリンクをフリップブックに置き換えることがあります。スマホでもスワイプしやすく、ダウンロードリンクやメールによるストレスも軽減されます。フリップブックの各ページは、ウェブサイトやビデオなどのインタラクティブな要素に繋げることができます。これにより、より多くのクリックとサイト内回遊を促すことができます。

17. 顧客の好きな「クイズ」を利用する

Webサイトや購買プロセスにおいて、クイズはどのような場面で活用できますか?ホームページで、訪問者を適切な場所に誘導するのはどうでしょうか?また、最初のナーチャリングメールでは、読者を特定し、残りのメールシーケンスに情報を提供するために使用できますか?クイズは、あなたのブランドと関わっている潜在顧客に関する貴重なデータをリアルタイムで提供します。タイミングよく、ユーザーフレンドリーな評価をいくつか行うことで、マーケティング活動のセグメント化に大いに役立ちます。

18. 「お問い合わせ」の遷移先をカレンダーのリンクに置き換える

ミーティングのスケジュール調整をメールで行うのをやめましょう。CalendlyAcuityのようなカレンダーシステムは、スケジュール調整のストレスを軽減します。これにより、より早く、より多くの顧客を獲得することができます。さらに、自動メールリマインダーは、あなたの余分な作業を減らし、ユーザーの予定通りの参加を促すのに役立ちます。

19. 顧客との会話を効率化する

Webサイトでのカスタマージャーニーを開始するために、チャットボットを使用しましょう。ボットを通じて一般的な質問に対応することで、顧客維持率を向上させ、チームの貴重な時間を節約できます。リアルタイムの応答は、より多くの潜在的な購買者を巻き込み、より早くジャーニーに沿って顧客を誘導します。

20. リードスコアリングを行い、マーケティング費用をより効果的に使う

Webサイト全体にトリガーポイントを設定し、有効にします。それに基づいて、リードにプラスまたはマイナスのポイントを割り当て、集計しましょう。Hubspotは、リードのスコアを監視するリードトラッカーの1つです。たとえば、過去7日間に3回サイトを訪問し、プライシングページを閲覧してPDFをダウンロードしたユーザーは、高いリードスコアを持っています。一方、2回しか訪問せず、ほとんどの時間をブログ記事の閲覧に費やしたユーザーは、スコアが低い、つまりマイナスとなります。

事前に設定したスコア以上のリードにのみ、ナーチャーシーケンスやリターゲティング広告の配信、またはセールスコールが実施されます。これにより、貴社のマーケティング費用(および営業チームの時間)は、最も価値のあるリードに費やされることになります。

21. B2Bマーケティング戦略におけるインテントデータの活用

インテントデータは、ユーザーの行動データを利用して、どの購買者が貴社の製品やサービスをすぐに購入する可能性が最も高いかを教えてくれるものです。BomboraG2のようなプラットフォームを使用して、貴重なデータを収集しましょう。何千もの企業が、この2つのウェブサイトを利用して、企業向け業務ソリューションの調査や検証を行っています。これらのプラットフォームのブラウザデータを利用することで、B2B企業は自社の製品やサービスを購入する可能性が最も高い企業を特定することができます。

22. 顧客の役に立つための積極的な行動

会話型サポートファネルを設定することを検討しましょう。これは、新規顧客が購入後に経験する可能性のある最も一般的な質問とストレスを感じる部分を順をEメールや通知によって説明するものです。これらの質問に事前に対応することで、顧客維持とロイヤリティを向上させ、サポートスタッフの貴重な時間を節約することができます。

起業家やビジネスマンのみなさん、以上があなたのスタートアップの成長を加速させるための22の詳細なヒント、戦略、およびリソースです。これらの中からいくつかをピックアップして試して、その結果を私たちに教えてください。一緒に成功していくのが楽しみです。

ZeBrandは、この記事で紹介したいかなる企業、リソース、ソフトウェアからもスポンサーを受けていません。私たちは、可能な限り最高のツールを使って、あなたのスタートアップの成長をハックするお手伝いをしたいと思うだけです。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ZeBrand Japan
ZeBrand: ブランディングをオートメーション化するWebサービス。Define・Design・Deliverという3つのステップを回し続け、その時代やシチュエーションにおいて最適なブランディングを提供するプラットフォームとして展開しています。 zebranding.com