見出し画像

強力なブランドポジショニングを確立する方法【事例付き🏷】

ZeBrand Japan

ブランドを成功に導くものは何でしょうか。優れた製品でしょうか?卓越した顧客サービスでしょうか?それとも、革新的なデザインでしょうか?

企業の成功は、その企業が生み出すものだけからもたらされるわけではありません。ブランドのポジショニングによって築かれる成功があります。

世界で最も大きなブランド、あなたが一瞬で認識できるブランドを考えるとき、あなたはそれらの企業のブランドポジショニングを思い出しているのです。そして、その企業のポジショニングが、より強く、より一貫して、よりユニークであればあるほど、あなたはその企業を記憶する可能性が高くなります。

ブランドポジショニングとは?

ブランドポジショニングとは、市場におけるあなたのブランドの独自性を示すものです。ポジショニングは、特定の特徴や属性で規定されるものではなく、会社の発信するものやバリュー、ビジュアルアイデンティティ、ブランドアイデンティティなどを組み合わせたものです。ポジショニングは、一瞬にして、貴社がどのような企業で、誰に、どのようにリーチしたいのかを伝えるものです。だからこそ、ポジショニングは、ブランド戦略の中で最もカスタマイズされ、的を射た要素であるべきなのです。


ブランドを正しくポジショニングすることは、ビジネスの長期的な成功に不可欠です。

ブランドのポジショニングの重要性は、言うまでもなく明らかです。実際、世界的な企画会社Genslerによる2018年の調査では、94%もの顧客が感情的なつながりを築いたブランドを推奨するという結果が得られています。また、別の調査では、さまざまな場所で一貫して統一された姿を見せるブランドは、10〜20%以上収益が増加することが明らかになりました。

なぜ、ブランドポジショニングが顧客とのつながりに不可欠なのでしょうか。もし、顧客が、あなたの製品やサービスが競合他社と何が違うのかを知らなければ、あなたのところで買い物をする理由は不明瞭です。しかし、自社のポジションを明確に定義し、(あなたの企業のポジショニング)を重視する顧客にとって、なぜ貴社がベストな選択なのかを明確にすれば、顧客はあなたを選び、リピートの確率も上がるでしょう。


ブランドのポジションを確立することは、ビジネスを立ち上げるときに最初にすべきことの一つです。

もし、あなたがビジネスを始める段階であれば、今こそ、ポジショニングについて考え始めるべき時です。一度確立すれば、あなたが作るものはすべて、そのマーケットポジションをサポートするものになるはずです。例えば、業界で最もエコでサステナブルなブランドを目指すのであれば、発信情報やスローガン、ビジュアル、バリューなど、ブランド戦略のあらゆる要素が、そのポジショニングに合致したものになります。

もし、あなたのビジネスがすでに確立されているとしても、今からでも遅くはありません。既存のビジネスを再度ポジショニングするには、より多くの時間と労力がかかるかもしれませんが、戦略的なリブランディングを通じて、市場の中で領域を切り開く可能性がある限りは挑戦を続けたいと思いませんか。

ブランドのポジショニングの主な5つのタイプとは?

ブランドをどのようにポジショニングするかは、業界によって多少の違いがあります。しかし、全体として、ほとんどのポジショニング戦略は、以下の5つのカテゴリのいずれかに分類されます。

  1. 顧客サービスのポジショニング
    この戦略では、全体として最高の顧客体験を提供することを目指します。

  2. 利便性のポジショニング
    モバイルアプリの充実や店舗数の増加、購入体験のしやすさなど、同業他社よりも優れた利便性を提供するブランドを指します。

  3. 価格のポジショニング
    低価格が売りの場合は、通常このポジショニングに分類されます。

  4. 品質のポジショニング
    価格や利便性よりも、製品やサービスの質に重点を置いた戦略です。

  5. 差別化戦略
    特にユニークで革新的、あるいはカテゴリーに属さない製品を開発しているブランドは、このカテゴリーに分類されます。

ブランドにとって最適なポジショニング戦略は、必ずしも一筋縄ではいきません。ブランドのポジショニングは、これらの戦略をミックスして、製品やサービスが真に際立つような高度なターゲット戦略を構築することもできます。

しかし、戦略を練る前に、注意しなければならないことがあります。ブランドのポジショニングは、単に他と違うということだけではないということです。どんな企業でも、他とは違う存在になることは可能です。しかし、成功している企業は、主要な顧客にアピールし、顧客とのつながりを構築するために、他とは違う存在になっているのです。

市場におけるブランドのポジションを比較する方法:ブランドポジショニングマップ

自社ブランドのポジショニングが決まったら、次は競合との比較を行い、必要に応じて調整を行います。しかし、価格や品質、利便性はそれぞれ異なる尺度で測られることを踏まえると属性やポジションを比較することは不可能に思えるかもしれません。

そこで、ブランドポジショニングマップを作成すると、自社ブランドのポジショニングを簡単に確認することができます。これは、価格と品質とのような2つの属性を一度に比較し、それぞれの競合の立ち位置を確認するための視覚的なグラフです。

比較したい属性ごとにマップを作成することで、自社が市場にどのように適合しているかが見えてきます。競合他社に勝つ傾向がある場合は、強いポジションにいると言えます。もし、いくつかのポジショニングマップにおいて、競合他社が貴社を上回る傾向があるのであれば、ブランド戦略を再検討してください。

最後に、ブランドのポジショニングステートメントでポジショニングをまとめましょう。

ブランドのポジショニングステートメントとは、何をするのか、誰のためにするのか、なぜ他社と違うのかを説明する短い文章です。

ビジョンやミッションのステートメントと同様に、ブランドのポジショニングステートメントも、ユニークで、明確で、記憶に残るものでなければなりません。作成したステートメントは、今日からあなたのブランドを構築するためのガイドとなります。


ブランドポジショニングの3つの成功例

ブランディングの指針となるような、ブランドのポジショニングの事例が必要ですか?ポジショニングに成功し、市場で高いシェアを獲得した企業の3つの事例をご覧ください。

  1. コカ・コーラ
    この会社は、自らをハッピーで明るくポジティブなブランドと位置づけています。名前とビジュアルアイデンティティは、爽快な体験を伝えています。

  2. Slack
    このBtoBブランドは、利便性が売り物です。Slackのポジショニングステートメントは、「皆さまのビジネスライフを​よ⁠り⁠シ⁠ン⁠プ⁠ル⁠に⁠、​よ⁠り⁠快⁠適⁠に⁠、​よ⁠り⁠有⁠意⁠義⁠に​」です。

  3. Dollar Shave Club
    その名が示すように、Dollar Shave Clubは、高価なシェービング製品に代わる手頃な価格の製品として位置づけられています。このブランドは、手頃な価格、利便性、使いやすさを重視しています。

市場におけるポジショニングが、ブランドをより印象的にすることがおわかりいただけたでしょうか。すべての人にアピールするのではなく、戦略的なポジショニングによって、少数の理想の顧客(将来的なブランドのコアなファン)が、まずあなたのブランドを思い浮かべるようになります。そして、ブランドに対する親しみをもったファンが、価値あるロイヤルティの高い顧客へとなるのです。

ZeBrand:ブランドポジショニングのための最高のツール

ZeBrandでブランドのDNAを構築すると、一連のブランドツールを利用できるようになります。ZeBrandのブランディングプロセスガイドのElevateステージでは、マーケットポジショニングツールをご利用いただけます。

ブランドのDNAを構築するElevateステージでは、ブランドとポジショニングをより深いレベルで定義していきます。

ここでは、現在の市場での位置づけと、将来的に目指すべき方向性を明確にするためのエクササイズを行います。

ブランディングプロセスのすべてのステップをガイドによって完結させられます。ブランディングの経験が少ない新米起業家でも、ZeBrandを使えば、成功するブランドを立ち上げることができるでしょう。

マーケットポジショニングツールは、現在のポジショニングを理解するのに役立つだけでなく、競合他社のポジションと比較することができます。自社の製品やサービスがどのような位置にあるのか、どこに大きなチャンスがあるのか、さらに差別化できる余地があるのかが、一目でわかります。

この詳細な評価により、あなたのブランドが市場シェアを拡大し、競合に差をつけるために改善できる点が明らかになります。

ブランドのポジショニング戦略を成功させる準備はできていますか?ZeBrandがあなたの準備をお手伝いいたします。

新しいビジネスを始める場合でも、既存のビジネスをリブランディングする場合でも、ZeBrand のブランドコーチの専門家チームと充実したブランド構築ツールが、そのプロセスを簡素化します。あなたのブランディングプロジェクトをスタートさせるには、こちらからどうぞ。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!