見出し画像

【ブランディング初心者向け】頻出!7個のブランディング用語を解説してみた

ZeBrand Japan

ZeBrandは、独自のブランディングプラットフォームを通して、中小企業やスタートアップ企業、起業家に対して、ブランドを「Define、Design、Deliver」する支援を行っています。

本記事では、他のブランドと差をつけるために知っておくべきブランディング用語について説明します。

※ 本記事は英語記事「A Beginner’s Guide to Branding Terms」を翻訳したものとなります。

1. ブランドエレメント

ブランド要素とは、視覚的なビジュアルアイデンティティを構成するためのあらゆる要素のことです。ロゴやカラー、フォントなどを含みます。ブランドエレメントを策定して使用することで、統一されたイメージを保つことができます。不要な要素を追加したくなる気持ちを抑えて、定めたブランドエレメントを遵守することで一貫性のあるデザインを目指しましょう。

2. ブランドガイドライン

ブランドガイドラインは、一貫したブランディングを行うためのルールブックと考えることができます。ブランドガイドラインは、ブランドエレメント(「ブランド用語: 1. ブランドエレメント」を参照)の使用に関する実践的なガイダンスを提供し、フォントやカラー、ロゴなどをどのように使用すればよいかを正確に把握することができます。ブランドエレメントの使い方に迷ったときは、このガイドラインを参照すれば、何をすべきか、あるいは何をすべきでないかが分かります。

3. ブランドアセット

ブランドエレメントの実際のデジタルファイルを指します。これらのアセットはダウンロードや共有、様々な領域での活用ができます。アセットファイルは、必要に応じてダウンロードや収集、共有することができます。常に最新のものが使用され、多くの人に参照されている状態にしましょう。

4. ブランドロゴ

ブランドのアイデンティティを視覚的に表現した、ブランドの顔のようなものです。ロゴは、ブランドをすぐに認識し、覚えてもらうための目印となるシンボルです。ロゴは、ブランドを対外的に発信したり、紹介したりすべき場合には、必ず目につくところに配置しましょう。ロゴは神聖なものであり、手を加えたり、いじったり、詰め込みすぎたりせず、丁寧に扱いましょう。

5. ブランドパーソナリティ

もしあなたのブランドが人間だったら、どのような見た目で、どのように喋り、振る舞うでしょうか? ブランドパーソナリティを規定することは、あなたのブランドを人間らしくし、人々に親近感を与えるのに役立ちます。ブランドのためのデザインをするときやライティングをするときはいつも、ブランドパーソナリティを念頭に置いてください。

6. ミッション&ビジョン

ビジネスの目的と、世の中に届けたい価値を説明する文章です。ミッション&ビジョンは会社のエレベーターピッチです。簡潔、明瞭、かつ興味をそそる表現で、あなたのストーリーを伝え、会社を紹介するために使ってください。あなたの会社を正しい方向へ導き、将来の成長への意欲をかき立てます。

7. バリュー

ブランドの信念や性格を定義する一連の原則です。企業文化を定義する羅針盤の役割を果たし、日々の業務や従業員の考え方に組み込まれるべきものです。誰もが自由にアクセスできるようにし、日々の備忘録として目にすることができるようにします。

本記事でブランディングに関する用語について少し理解が深まったのではないでしょうか。ZeBrandのnoteでは、様々な用語の詳しい解説もしておりますので、よろしければそちらもご覧ください。

🔽 ロゴについて

🔽 ミッション・ビジョン・バリューについて

ZeBrandは「ブランディングが重要と理解しつつ何から考え始めていくべきかわからない」、「ブランディングに割ける十分なコストとリソースがない」などといった課題を解決します。

ZeBrandはテクノロジーを活用し、低価格かつ少ないリソースでのブランディングを可能にしております。また、各領域のプロフェッショナルたちとオンラインでのコーチセッションも受講可能なため、ブランド戦略をはじめ、デザイン周りまでのご相談も可能となっています。ご興味ある方は、以下よりお問合せください。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ZeBrand Japan
ZeBrand: ブランディングをオートメーション化するWebサービス。Define・Design・Deliverという3つのステップを回し続け、その時代やシチュエーションにおいて最適なブランディングを提供するプラットフォームとして展開しています。 zebranding.com